トランポリンで骨を強くする

トランポリンで骨を強くする

骨を強くするといえば「カルシウム」を連想すると思います。

今回は栄養の話してはなく、
アクティビティーで骨を強くする方法です。

年末年始ということで私も帰省しています。

そこで母親にトランポリンを毎日やってもらっていたことを思い出し
まだちゃんと続けていてくれていたので
このことを話したいと思いました。

なぜトランポリンで骨が強くなるのか?

というと、それは重力、G を体にかけることができるからです。

自転車乗り、それもロードバイクを長年やっている人の
骨がもろくなっている。

ツールフランスの選手でも骨が弱い人が多い、
などという話があります。

宇宙飛行士は骨がスカスカになってしまう
なんて話も聞きますよね。

共通するのがG(重力)ですよね。

自転車もマウンテンバイクなどは体にGを感じますが、
ロードバイクは上下のGはそれほど感じないと思います。

体は省エネにできています。

必要のない強化はしません。

重力を感じない生活を続けていれば
「骨を強化する必要はない」と判断し、
他の部分に栄養を回そうとします。

逆にG (重力)のある生活をしていれば
骨を強化しないといけないと体が判断して
骨の強化をしてくれます。

で、どうやって体にGを与えるのか?

体に負担なく、特に膝や腰に負担なく
骨にGを与えるには?

それがトランポリンです。

トランポリンのバネが衝撃を吸収してくれて、
Gはちゃんと体に感じることができる。

膝や腰、関節の負担を減らし
体に圧をかけることができる。

それがトランポリンです。

カルシウムのサプリをいくら飲んでも、
体が骨を作ろうとしないのでは意味がない。

でも体に重力を感じてカルシウムを取れば
体がちゃんと骨を作ってくれる。

のだと思います。

母親も以前は転んで骨を折ることが2回ほど続きましたが
トランポリンをやり始めてからは
骨折はしていません。

でも転ぶのは相変わらずらしいので、

今度はバランス感覚を鍛える方法も追加して
やってもらっています。

腸内洗浄も毎日やっているので、
風邪引かずに元気でいてくれます。

本当に嬉しいことです。

ちなみに、

私の家にはトランポリンを置く場所がないので、
ジャンピングスクワットをやるようにしています。