七草粥 作り方

七草粥のレシピとなぜ食べるか?

ですが、

1月7日に春の七草を入れた七草粥を

食べて一年の無病息災を祈ります。

春の七草は地方によって違いもありますが、

それぞれには意味があるといわれます。

  • 芹(せり):競争に競り(せり)勝つ
  • 薺(なずな) :なでて汚れを取り除く
  • 御形(ごぎょう) :仏の体をあらわす
  • 繁縷(はこべら) :茎に葉がたくさんつく→繁栄をあらわす
  • 仏の座(ほとけのざ) :仏の安座
  • 鈴菜(すずな) :神を呼ぶための鈴
  • 清白(すずしろ) :汚れのない清白

「せり なずな・ごぎょう はこべら・ほとけのざ・すずな すずしろ・これぞななくさ」

と短歌の5・7・5・7・7に合わせて読んで覚えるといいですよ。

[七草がゆ] ブログ村キーワード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です